NをめざすMのためにとは??

アラサーの脱サラパパが、看護師を目指し社会人入試を受けてきました【看護専門学校】

 

 

おくそんです!

ついに運命の日がやってきました。

2017年11月25日、看護専門学校の社会人入試を受けてきました!!!思い起こせば一年前・・・会社を辞める、沖縄を離れて地元に帰ると決意した時から私の看護師への挑戦が始まりました。

引越しや父の死、保育園問題などとても濃い一年でしたが妻の協力もあり何とかここまでこれました。結果はまだ出ていませんが、家族をはじめたくさんの人に支えられてここまでこれたことを実感しました!

 

ありがとう!!( ゚Д゚)

 

・看護専門学校の社会人入試とは??

 

そもそも社会人入試とは何か??

ということについて簡単に説明させていただきます。私が調べた学校(千葉県内の看護専門学校約10校程度)では大きく分けて3通りの受験方法があるということがわかりました。

 

  • 推薦入試
  • 社会人入試
  • 一般入試

 

大体の学校がこの3通りの受験方法をとっています。

推薦入試とは

 

  • (1)指定校制……特定の学校を指定するもの
  • (2)地域指定制……特定の地域の在住者や学校の卒業者(および見込者)を指定するもの
  • (3)公募制……上記以外のもの

 

「推薦」という言葉通り、学校や企業から推薦してもらうことが出来なければそもそも受験することができません。

学校にもよるとは思いますが、看護専門学校の推薦入試は現役高校生を対象にしていると思った方が良いでしょう。推薦にはされる側とする側にも責任が生じてくるので、私のような脱サラ派遣社員には縁が無い話なのです。

 

社会人入試とは

その名の通り、社会人経験者が受けることのできる入試です。

ただこの「社会人経験」というのがこれまた微妙なところでして、勤続年数やいつ~いつまで勤務していたかによって受験資格が変わってきますので社会人入試を希望している方はよく調べた上で申し込みましょう。

ちなみに、私が受験した学校の社会人入試における条件はこのような感じでした。

 

募集人員 若干名
受験資格
  1. 高等学校卒業と同等の学力があると認められる方
  2. 2年以上の就労経験がある方

※2年以上の就労経験者とは、2年以上社会保険の適応を受けた方を指します。

 

うん、優しい。

 

優しすぎる。

以前記事に書いたような気もしますが、社会人学生に求めるものが下記のようなものだったとしたら

「社会人としての経験を活かしてリーダーシップを発揮できる人材」

 

たかが2年間の社会人経験【リーダーシップを発揮できる人間】になんてなれないですよ。1年間は仕事を覚えることで精いっぱい、2年目はやっと職場の環境に慣れてきたかな・・・という程度でしょう。

稀に先輩社員を脅かす驚異の新人が現れることもありますが・・。

 

社会人入試は、受験資格をもっと厳しくするべきだと思う。社会人入試は筆記試験が少ないこともあり気軽に受けれる印象から受験者が多いのに合格者枠が少ないので倍率が10倍~多いと30倍にもなる。受験担当をしている教員の負担も大きいだろう。

本当に「社会人経験を生かして発信できる」人材を求めているのであれば、受験資格を見直す必要性を感じますが何はともあれ数年の社会人があれば挑戦できるのが社会人入試というものです。

 

一般入試とは

 

これは説明するほどのものでも無いと思います!!希望者なら社会人だろうが学生だろうが受験できるのが一般入試です。

社会人入試を受ける人は「社会人→受かればラッキー」落ちたら一般で再挑戦!という方が多いようです。

 

現役看護師おススメ!!転職支援金35万円がもらえる看護師転職サイトはコチラ!!

 

・実際に社会人入試を受けてみて

回り道をしましたが、これが本題です。

昨日私は実際に社会人入試を受けてきました。その日の様子を忘れないうちにこうして記事にしているわけです。

一日仕事をするより疲れましたが、その理由も含めてお伝えします!

 

2017年、11月25日(晴れ)

沖縄に行こうとしたら台風で飛行機が欠航。息子の保育園行事の芋ほり・遠足ともに雨だった私は今の会社で雨男疑惑を持たれていた私ですがやはりそれは間違いだったようだ。

雲一つない快晴の日、私は人生の節目を迎えることになりました。

完全に緊張しています。

笑顔がぎこちないし、ネクタイ曲がってるし。

まぁそれもそうでしょう。妻も子供もいる状況で、それなりに覚悟を持って挑戦しているわけです。受験前の一週間は無性に落ち着かなく、イライラしていたように思います。

 

9:30~受付開始

学校に到着しました。

受験番号は結果発表前なので記載できませんが、80人くらいかな~~と思っていた私の予想は外れ約100人ほど受験者がいたようです。私の受験する学校は社会人入試が去年から始まったばかりなので過去問もなく、倍率も不明ですが恐らく多くても合格者は20名位じゃないかと考えています。

 

受験者の男女比(目安)

私も一人の受験者なので、統計が取れたわけではありませんが見た感じの目安としては

【女:男 9:1】

やはり社会人入試でも男女比はこのような感じです。現職の看護師比率とほぼ同じなところが面白いです。

 

年齢層(目安)

これも私の独断と偏見による見解です。

20代・・・70%

30代・・・20%

40代・・・8%

50代・・・2%

なんだかんだで社会人入試でも20代が多いように感じました。とはいえ完全に見た目の判断なので、私も20代に見られている可能性はありますが・・・。一人、確実に50代であろう男性がおられました。

個人的にものすごい興味があり「志望理由」や今までどのような人生を送ってきたのか取材したくなりましたが、そこはぐっと堪えました。

 

いや。

自分の試験に集中しろよ!!

 

と、今書いていて思いました。

 

さぁ、いよいよ試験が始まりました。

 

 

①作文(70分・800文字)

縦書きかと思っていましたが、まさかの横書きでした。

少し面食らった感はありましたが、ここは落ち着いて対処しました。

気になる作文テーマ、それは・・・

 

「苦手な人とのチームワーク」

というテーマでした。

全てを書くことは出来ませんが「対話をすること」「思いやり、行動すること」を答えとしてそれがなぜ必要なのかを書き殴り、やや小論文のような書き方で無事制限時間内に自分なりの答えをまとめることができました。

一つわかったこと。

 

ブログやっててよかったぁぁ~~~

おくじい

 

ブログ開設から約一年・・・なんだかんだで「書く力」が鍛えられていたようです。作文練習の時間があまり取れなかったので本当に助かりました。

 

 

②一般常識(40分)

これはヤバかった・・・。

主な内容はこんな感じ。

  • 漢字読み書き
  • 文章問題
  • 英文の日本語訳
  • 選択問題(英語)
  • 数学(算数??)
  • 医療費について
  • 臓器名
  • 臓器のはたらきについて

本屋で購入した「一般常識」の本と数学1Aしか勉強してこなかった私。

 

完全に的外れでした。

とくに数学。

小学校の算数でつまづいていた私は、今回出るであろう数学1Aの基礎を練習していました。展開や因数分解など基礎の基礎ですが、40分と言う時間設定からあまり一般常識試験に重点を置いていないと予測し基礎問題しかやりませんでした。

 

ところが!!

 

展開や因数分解出ず・・・

まったく練習していない算数~数学1Aまでの問題が出たのです。

まぁあきらめも肝心という事で。気持ちを切り替えて面接に全力投球することを決意しました。

 

③個人面接

社会人入試は面接で決まる。

と言われているほど大切な面接。

ある程度満足のいく出来でした。

聴かれたことはネット上でもありふれていることがほとんどでした。

  • 前職のこと
  • なぜ看護師なのか
  • 覚悟はあるのか
  • 金銭的に大丈夫なのか
  • 家族のこと
  • 逆に質問は??

私の場合前職の経歴が医療分野に全く関係ないことと「沖縄」というキーワードのおかげで大分インパクトがあったようです。面接じゃなくても聴かれる「なぜ沖縄に??」「どうしてまた地元に??」と2歳の次男でも答えられるんじゃないか??と思うほど聴かれる質問のおかげで緊張もほぐれました。

女性の面接官二人で、面接時間は大体10分前後と思われます。

 

面接が終わればそこで試験は終了です。

受験番号のバッジを返し、試験会場を後にしました。

 

以上が、昨日経験した社会人入試の様子です。

 




 

・まとめ

・社会人入試でも、年齢層は低めである。

・一般常識の練習は、本屋で売っている参考書ではなく他校の過去問を練習するべき。

・必ずしも予備校に行く必要は無いと思う。

 

今回の試験で一番キツかったことは、面接の待ち時間でした。

2時間近く無音の教室で座ったままというのがこんなにもツライとは思わなかった。しかも暖房がきいてて睡魔が襲ってくる。あれはワナか??

 

あ。

あと一つキツイことがありました。

 

朝に捨てようと思って忘れていた燃えるゴミが車に残っていたこと。

 

おくそんは疲労感の残る体で、悪臭にまみれながら、家路につきました。

 

無念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です