NをめざすMのためにとは??

看護学校の受験対策はやはり「過去問」が最強なのだろうか?【30代の社会人入試】

アラサー浪人生のおくそんです( ゚Д゚)

社会人入試には失敗しましたが現役の看護師、私と同じ世代の受験生の方からコメントやメッセージをいただいたおかげで少しづつ前に進めるようになりました!

読んでいただけるだけでも嬉しいのに、非常に励まされています。

本当にありがとうございます。

 

今までの勉強法は間違っていた??

お恥ずかしい話ですが。

私は社会人入試に向けての勉強を、悪く言えば「適当」に済ませていました。どういうことかと言うと、志望校に試験科目は「数学1A」と書いてあったため1Aの参考書を買って勉強していた。

 

 

ただそれだけのことしかしていませんでした。

もちろん学校見学も行きましたし、ある程度の範囲は聴いたりしながら絞って勉強をしていました。そしてその他の問題に関しては「一般常識」の問題集を基に漢字の読み書きや英文の勉強をしました。

今回行った「勉強」は主にこれだけです。

そして試験を実際に社会人入試を受けた結果・・・。

 

入試で出された範囲が勉強していた範囲とまるで違う

 

まさに悲劇。

いや、自業自得か( ;∀;)

いくらネット上で社会人入試は「人間力」が重視される。とは言ってもあまりに筆記試験の点数が悪ければそれはそれで問題でしょう。しかも実際には本当に「人間力」重視なのか定かでも無いですし。

 

以上の点からも、今回私が行ってきた勉強法は残念ながら間違っていたと言えるでしょう。社会人入試の問題数の少なさからしても、ある程度的を絞って効率よく勉強することが必要だと身をもって感じました。

 

やはり過去問が良いのではないか!?

私が志望していた学校が過去問の販売など一切行っていなかったため、「過去問」ということが完全に頭から抜け落ちていました。今考えれば志望校の過去問が無かったとしても他の看護学校の過去問はあるので、そういったものを集めて出題範囲の研究などをすれば良かったのです。

いざ試験に落ちてみて色々と冷静に考えることが出来るようになりました。

実際に調べてみるとやはり過去問を一切出さない学校もあるようですが、出している学校もありました(千葉県内の看護専門学校)

一切出さない学校に関しては、オープンキャンパスの口コミによると「看護学生も試験科目の内容等一切言わないように先生方から言われている」学校もあるとのこと。

なぜそこまでして「出さない」のだろう・・。

 

他校の過去問でも実際の試験と似た問題が多数あった!!

何校かの過去問を拝見しました。

 

すると。

 

いや、今回試験に出たのと似た問題があるではありませんか!!!

あんなやみくもに分厚い数学1Aの参考書をやらずとも、わざわざ一般常識を身につけなくても良かったということです。

来年の看護学校受験は社会人・一般共に受験する予定なので、働きながら合格を目指すには尚更効率の良い勉強をしなくてはならないでしょう。といあえず当面は千葉県内に限らず過去問収集に励みます。

色々な学校の過去問が入った参考書などもあるようなので、そういったものも視野に入れますがまずは過去問ですね!



 

過去問を販売していないはずなのに問題集が!?

ネット徘徊をしていたら見つけました。

 

ディスカバリー出版HPより引用

過去問を販売していなかった私の志望校用のものもありました。

なぜだ・・・。

 

スパイか!?( ゚Д゚)

 

潜入しているのか!?( ゚Д゚)

 

など無駄に考えましたが、評判も良さそう。ただやはり安くはない。

とりあえず5冊セットで17,000円前後で購入できるそうなので、この教材も今後購入するかもしれません。当然ですが、予備校に行くよりは全然安いのでとても興味があります。

 

まとめ

 

  • 過去問収集
  • 過去問リスト作成
  • とりあえずやってみる
  • 看護師、看護学生に受験について話を聴く

 

上記活動を2月まで実施します!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です